FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産間近の家庭のあり方 

予定日間近の先週末、ダンナがテニスに行った。
ら、かな~~~り白い目で見られたらしい。

曰く、
「一緒にいなくて大丈夫なんですか!?」
「心配じゃないんですか!?」
「文句言われないの!?」
子アリの男性に至っても、
「さすがの俺も予定日間近はやらなかったなぁ」

えーーーナンデ???

もちろん、私が順調なのが大前提の話だけど(テニス仲間は私の状態を知っている)、
別に産気付いてるのに放っとかれてるわけじゃないし、
いつ始まるか分からない陣痛をただ待たれるのも困っちゃうし、
気にかけてくれてるのは分かってるし、
車で2~30分のところだし、
終わったらダラダラ話さないでぱっと帰って来てくれるし、
時々携帯チェックしてくれてるみたいだし。
全くもって問題ないと思うんだけど?

「出産は夫婦で迎え、乗り越えるもの」って聞くけれど、それはとても素敵な考え方だと思うけど、べったり一緒に、全く同じ様に向き合う必要はないんじゃないかなぁ。(てか、私はそういうの苦手…)
母親には母親なりの、父親には父親なりの迎え方があると思うんだけどなぁ。

妻が大変な時なのに、夫だけのうのうと楽しんでる様に見えるのかしら?

確かに今までと違う体になって、しんどい部分もある。
飲めなくなったし、テニスも出来なくなった。
それを楽しそうにやっているダンナを羨ましく思う気持ちが全く無いって言ったら嘘になる。
でも私は私で、自分の体が段々変化して、胎動を感じて、命の中に命が宿る不思議を感じて、男性にはどんなに願ったって出来ない体験をし、幸せを感じている。

一方ダンナは、安定した収入を稼ぐっていう役割をちゃんとこなしてくれてる。
気分や体調で勝手できる私とは大違いの役割を。
時に私の体調を気遣いながら。

どっちが大変かなんて比べられないよ。
誰だって、息抜きは必要。
誰だって、自分が自由に出来る時間が欲しい。
外は良い天気なのに、折角の休みなのに、私と腹子との時間だけに縛り付けることは出来ないよ。
留守番になったからって「テニス>腹子」だなんて思わないよ。

ダンナの楽しみを奪う権利なんて無いよ、私には。
腹子を盾にする気もないし、自分を犠牲にした優しさってのもあまり嬉しくないしね。

でも、周囲の意見は違うみたいで…ビックリでした。
我が家は我が家のスタンスで上手くやってるので、白い目でみないでやっておくれ~。

ま、今のうちに思う存分好きな事してもらって、後でしっかり手伝ってもらうっていう腹黒い考えも無きにしも非ず…(ニヤリ)。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turbanshell.blog55.fc2.com/tb.php/65-b2376092

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。