FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄なく、綺麗に。 

先日のゴミ出しで、30L×3袋も出した。
引越しなど特別な時を除けば、こんなのは初めて。

主な理由は、前回入れ忘れた繰越ゴミ(?)があったのと、週末にお客さんが来て生ゴミが多かったのと、ダンナの革靴を捨てた事。
ゴミの多さに罪悪感を感じつつ、せっせと部屋と集積所を往復していると、見るともなしに目に入ってくる他の家のゴミ袋。
その中にリサイクル出来るであろう、ペットボトルや紙が入ったものがあった。

私は熱心なエコライフ実践者ではない。
電気・ガス・水道は人並みに使うし、合成洗剤は使うし、車だってよく乗る。
でも、自分なりにちょっと頑張れば出来る範囲はやるよう心がけている。
ゴミのリサイクル化・レジ袋を貰わない・節電・使い捨て製品はなるべく使わない。
その中でもゴミって、身近で結構簡単に出来る事だと思う。

私の実家の自治体は約15種類のゴミ分別を実践していて、あまりに露骨に分別出来ていないゴミは持って行ってくれない。
それと比較すると、今住んでいる地域はゴミ減量にそれほど熱心な訳ではない。
それでも普段のごみ収集に加えて、近所のスーパーや役所のリサイクルコーナーを利用すれば、アルミ・紙類・ペット・トレー・牛乳パック・瓶・布はリサイクル出来る。
それが、ペットボトルはちゃんと回収日もあるのに、こんな適当なゴミ出しをする人ってどんな人なんだろう?って考えてたら、ある人を思い出した。

会社で一緒だったその人は、毎日化粧バッチリ、洋服はシーズン毎に買い換えて、流行の情報にも詳しい、パッと見綺麗な女性だった。

ところが…。

「これキラ~イ」「お腹イッパ~イ」と言ってご飯を残してゴミ箱にポイ。その数時間後(時には数分後)にはお菓子をぽりぽりつまんでる。
会社にお茶セット&マイマグがあるのに、「作るのが面倒」の一言で500mlペットを買って来て、そのペットボトルは洗わず・潰さず手近なゴミ箱へポイ。
「貧乏くさいことしたくない」と、簡単なメモでも裏紙なんて絶対使わず、その紙もリサイクルボックスへ出さずに足元のゴミ箱へポイ。

「なんて美しくないんだろう」って思った。

自分の快適さしか考えていない。
自分を飾ることしか考えていない。
何という無駄だらけ。

集積所にあったゴミを出した人は、たまたま事情があっての事かもしれないし、他に何か実践してるのかもしれないけど、そのゴミ袋にはその人と同じ空気を感じた。

そうやって色んなゴミを構わず捨てて、自分の周りは綺麗になったかも知れないけど、無駄にゴミとして捨てたものは、巡り巡って姿を変えて、きっとまた誰かの周りを汚すんじゃないかな。
もしかしたら、最初に汚されるのは無駄に捨てた人の心かも。

目先の事だけじゃなくて、ちょっと先の事も考えられるようになりたいな。
きっと、そんな難しい事じゃない。
だって今の世の中、ちょっと気をつければあちこちに情報はある。
情報だらけで飲み込まれそうになるけど、それは便利さを求めてきた結果だし。
便利さを知ってしまって戻れない私たちが、せめてすべき事なんじゃないかな。
小さな事からコツコツと。

たかがゴミで大げさかもしれないけど、そんな事を思ったあるゴミ収集日。

できるだけ無駄なく綺麗に生きたいものです。

スポンサーサイト

コメント

うちの相方もできない子です

料理人という職業柄と何でも面倒見てしまう専業主婦な母のコンボにより、うちの相方は分別とかリサイクルとか全くできません。
平気で燃えるゴミにラップでもトレーでも入れちゃうし、燃えないゴミにティッシュが混じっていても平気。
というか見てないね。どこに今ゴミを入れたのか。「え、ちゃんとゴミ箱に入ってるでしょ?」って感じ。
電気は行く先々でつけっぱなしだし、「ご飯できたよ~」って呼ぶと電気つけっぱなしテレビつけっぱなしエアコンつけっぱなしのまま1階に下りてくるよ。
ゴミって、料理で出ることが多いでしょう?料理人の仕事の時って、作業効率重視で、飲食業はみんな結構適当みたい。バンバン捨てちゃうんだって。
快適さとか飾ることとかしか考えない、というよりリサイクルという根本的な意識がまずないんだよね。
でもこれって親の責任も大きいと思うけどね。一緒に住んでるときは、部屋に置いてあるゴミ箱に何でも入れておけばお母さんが回収して分別してたらしいし。光熱費も自分の目で見て払ったことも払うこともないし、たかだか数千円とか平気で言う。数千円だけの問題じゃないのにね。
さざえさーん、お子ちゃまが男だったら、こんな男にしないでね~。嫁が苦労するからさ~(笑)。

コメントありがとうございます。

===千之さん===
効率重視ってのと、根本的な意識が無いってのに納得してしまいました。
便利さ=効率を求めた結果、色んな問題が出てきてるのは皆多少なりとも分かってると思うんですけど、素で気付かない部分も沢山あるんでしょうね。身近で当たり前だった事であればある程、気付かないのかも知れませんね。
そしてそれを伝えても、何年もそれが当たり前と思っていた事を直すのはとっても大変なんだろうな…。
子供には「将来の嫁(婿)に嫌われるよ」を脅し文句に教えるとします(笑)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turbanshell.blog55.fc2.com/tb.php/49-b8f98791

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。