FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つの結婚式 

もう一つの結婚式は、レストランウェディング。

これがねぇ、招待してくれた友人新婦には申し訳ないけど、ちょっといただけなかった…。

挙式会場は椅子が少なく、きちんと用意されてるのは親族用のみ。
後方に予備があったけど、その前は先に入った人がズラ~リと立ちはだかってまして。
えぇ、別に元気ですし問題ないですけどね。
座らせてもらえるのが当然、って勘違いしているわけじゃないですけどね。
どー見ても妊婦な人(何かあったらサッと出られる様に、出入り口=新郎新婦入場口付近にいたのでかなりの確立で視界に入ると思う)には一言「大丈夫ですか?座りますか?」って声をかけるのがマナーってもんなんじゃないの?招待客一同さん、スタッフさん。

そりゃあ会場もちょっとカジュアルだし、親族少ないし、主役の二人も「ワイワイ楽しく」って言ってるけど、明らかに30代な人々が集まって単なる酔っ払い集団・身内ネタ炸裂、じゃ知れてしまいますよ?会社のお仲間さん。

「昨日夜中まで飲んでて全然考えてませ~ん」「今も迎え酒状態で~す」って、もっと前から準備するもんでしょ?スピーチ頼まれてたご友人さん。
これには、同席していたいつもはニコニコ適当派の友人も「何言っちゃってるの?」ってキレてました。

友人新婦はとっても明るくて楽しいんだけど、ちょっと気分屋さん。
二人でいる様子を見ていると、旦那さんにばかり目が行ってて少々幸せボケ入ってる模様。(ま、二人の結婚式だし、相性悪そうな様子見るよりずっと良いんだけど)
旦那さんには初めて会って1日だけの印象だけど、優しそうなものの、お調子者っぽいところ(もっと言っちゃえばだらしないところ)がありそう。
「類は友を呼ぶ」ってのは案外的を射ていて、招待客を見ればその人柄が分かるし、逆もまた然り、だと思うのですが、今回は「あぁ、なんだか二人の良くない部分が出てしまったのかなぁ」とちょっと残念な気持ちになってしまいました。
私もその一端を担わないように、少々気を引き締めてたり(笑)。

で、悪い事ってのは重なるもので…。

汐留某高級ホテルの後じゃ分が悪いとは言え、料理もちょっと…。
レストランなのに、ねぇ。
ぬーべるしのわっての?(最近聞かない気が…)が、ベースになっているらしい。
けどさ、変に凝らなくて良いから素材をもうちょっと良くしてくれないかしら?
変に凝らなくて良いからちゃんと暖かい料理は暖かい状態で出していただけないかしら?

付け合せのキノコ、風味もなにも飛んじゃってカピカピなんですけど?
ご飯、型にはめ過ぎたのか硬くて崩せないんですけど?
エビマヨをアレンジした様な料理がわりと美味しいな、と思ったけど、単なるマヨ好きでした。

そして何より…。

コースのデザートが中華系だから飲み物がお茶ってのは分かるけど、生ウェディングケーキ出すならコーヒーも欲しいんですけど?

挙式・披露宴の内容が↑だったので、気分が乗らず、舌も拒絶反応を示したのかもなぁ。
同じ料理でも、雰囲気や一緒に食べる人によって印象変わる気がしませんか?
な~んて偉そうなこと言ってるけど、ポテチ大好き・パピコ大好き・カップヌードル(カレー味)大好き!
大した舌を持ち合わせておりません(笑)。

文句つらつら書いてしまいましたが、久々に会った友人とのおしゃべりは楽しく、こんな機会がないと中々集まれないので、貴重な時間でした。
普通にレストランや家で会えたらもっと良かったと思ったのはナイショ(苦笑)。

スポンサーサイト

結婚式二本立て 

立て続けに結婚式に呼ばれました。
人生の節目に呼ばれるのはとっても嬉しい♪
お祭り系大好きだし♪♪

でもさ、一週間に二本ってさ、ご、ご祝儀がさ…。
飲めないのにさ…。
お祝いする気持ちはイッパイだよ、うん。でもさ…。


届いた招待状を見ると、片方は汐留の某高級ホテル!!!
うっひょ~~~~~♪
遠かろうが、妊婦だろうが行くに決まってるじゃないですか!!!

開始が遅めな時間なので東京への移動は当日。
もし想像以上に疲労した場合自宅への移動はしんどそうなので、会場付近に宿をとる事にしました。
で、会場のホテルも一応調べたものの、なんじゃ!?な値段に即却下
結婚式にでも呼ばれなきゃ、一生縁がありませんって値段でした。

悩んだのは服装。
たった2回のためにマタニティ用のを買うのも何だし、レンタルも高い。←貧乏性
ふらふらと街に出てみるとチュニックやワンピースが豊富にあって、今の私にも、出産後も着られそうなのがたくさんあるではないですか☆
そんな中、胸の下で切りかえしのある、ゆったりとしたワンピースに決定~。
これなら夏は1枚でサラッと着て涼し気だし。←実用性重視

パンストはお腹周りが苦しいし(そもそも入るのか?)、太ももで止まるのも高いので(普段は3足1,000円とかを愛用)、フォーマルさには欠けるものの、黒のパンツ重ねにして膝下ストッキングで対応。←貧乏性な上にババくさい
冷えたりしたら良くないしねっ。

さて、当日。
移動の疲れもナンノソノ。ドキドキ・わくわくしながら会場へ。
エントランスに一歩踏み込んだら、薄暗くて殺風景でキョロキョロしちゃったよ。
フロントは別の階なのかな?と思ってエレベーターホールが見えたのでそちらへ向かったら、ホテルの人がさかさか近付いてきて「ウェディングのお客様はこちらです」って強制連行案内されました。
人がすぐ対応するから案内板なんて無粋なものは立てないわ、って事なのかしら?
庶民な私には慣れないシステムです。
「モダン且つスタイリッシュ」とかいうのかも知れないけど、私には「ちょっと省きすぎじゃない?」って感じ。

で、案内されるがままについていくと、大きな階段が目を引く開けたスペースに着きました。
階段周辺はちょっとしたロビーになっていて、お姉ちゃんがピアノの生演奏中。優雅だぁねぇ。
でもね、すぐ近くにブライダルコーナーがあるの。
しかも扉がフルオープンで打ち合わせテーブルとか丸見えなの。
打ち合わせや見学に来たお客さんが次々通っていくの。
どうやらこの辺りにウエディング関係がまとまっている様です。
宿泊客や食事に来た人ならまだしも、明らかに婚礼検討してる人となると、なんだかなぁ。
階段でフラワーシャワーしたりするので本番が垣間見られるからホテル側にとっては良い宣伝になるんだろうけど、招待された側としては現実に戻されてちょっと興ざめでした。

とは言え、一歩披露宴会場内に入れば雰囲気はサスガです。
料理は文句無く美味しかった!(←これ、重要)
サービスもレベル高し。
気に入ったのが飲み物の配り方
瓶を目の前に並べるなんて事はせず、きちんとコップに注いだものを持ってきてくれます。
タイミングもばっちり。
おかげで親族がお酌にフラフラする、なんて事なくて落着いてテーブルに付いていられるのがナイスです。

内容は、まぁ良くある感じながらも、和やかで良い式でした。
てか、もう一つの方がインパクト強すぎて…。
その話はまた次回。

期待外れ 

結婚式に呼ばれているのですが、服をどーにかしなきゃいけないので久しぶりに街へ繰り出す事に。
ついでにランチも楽しもう♪とネットで情報を集めて、とあるイタリアンに注目。

ランチメニューはパスタとピザが数種類。
単品でもOKだけど、ランチセットがフォカッチャ、サラダ、飲み物で+350円とお得。
更にデザートつきにすると+450円。全4種から選べて良い感じ♪
パスタは700円前後なので(ピザはイマイチらしいので無視)、1000円チョットでデザートまで食べられるなら、まぁまぁなんじゃないの?

ヨシ、ここに決定~。
HPもチェックして、いざ!
(すでに買い物は二の次・笑)

割と遅くまでランチをやってるからと、ノンビリしてたら14時を過ぎてしまい、お腹ペコペコ。
いそいそと目的のお店に向かい、席に案内してもらう。
うん、接客は悪くない。

が、しか~し。
メニューと共に出されたお冷。
掴んでみる。ザラザラしてる。
持ち上げてみる。軽い。
飲んでみる。口当たり悪い。
このコップ、プラスチックじゃん!!!
え~っと、この感触って、某ファーストフードで使ってたのと同じ様な…。

イヤ~な予感…。

気を取り直して、メニューを見る。

オヤ?ピザがないぞ?
アレ?デザートが2種類しかないぞ?
アヤ?セットの値段が高くなってるぞ?

イヤ~な予感…。

デザートは魅力半減してしまったので却下し、パスタにデザート無しのセットを付ける。
するとウェイターさんが空のお皿を持ってきて「サラダバー用のお皿です。ご自由にどうぞ」。
へっ!?さらだばー???てか、そんなのどこにあるのさ?
「あちらです」
指された先を見ると、何となくそれっぽいコーナーが。
立つのメンドクサイなぁと思いつつ、野菜は採らなきゃイカンので、重い腰を持ち上げる。
近付いてみると、2m×1mあるかどうかのテーブルにちんまりと野菜達が…。
しょぼっっっ。

イヤ~な予感、確信と変わる。

てきとーに盛って、てきとーにドレッシングかけて、再び着席。
もしゃもしゃと食べる。
特に美味しい野菜でもないし、ドレッシングがしょっぱい。

イヤ~な感じ…。

無感情にもしゃもしゃとサラダを食べているとフォカッチャ登場。
…ふぉかっちゃ???
トーストと見まごう程のこんがりキツネ色。
一口大にちぎってみると、パリパリパリ…。
噛んでみると、サクサクサク…(涙)。
しかもさー、塗ってあるのオリーブオイルじゃなくてガーリックバターじゃない?
嫌いな味じゃないけどね、私が待ってたのはフォカッチャなんだよね。

イヤ~な感じ…。

さて、パスタ登場…。(←既にテンション低い)
頼んだのは「ゴマ風味の和風パスタ」。
でも、漂う香りはカツオだし。白ゴマちょびっとかかってるだけじゃん。風味なんてかき消されてるじゃん(号泣)。
なんかさ、「練りゴマ使ってるのかな~」とか「すりゴマたっぷりなのかな~」とか「黒ゴマパスタ?」とか色々想像してたんだけどね。
ま、途中から諦めてたけどね。
おまけにダシの素っぽい味がする気が…気のせい?(舌に自信無し)

とにかく、イヤ~な感じ…。

これでコーヒーぬるかったりしたら文句言ってやろうかとも思ったけど、ふつーだった。
砂糖がスティックシュガーだったのが気に入らなかったけど。
ブラウンシュガー希望。

もう、こうなってくると無意識に粗探ししちゃう。
一番気になったのが、椅子(長椅子じゃなくて普通に脚付のタイプ)の背もたれの革がべろ~んってなってたこと。
枠にかませるなり、接着剤使うなり、3分あれば治せるのに。

そして、隣に陣取っていたオバサマ集団が立ち上がった時。
カウンターでグラスの整理をしていたウェイトレスが遠くのレジに向かって

「お客様お帰りで~~~す!」

ウルサイよ(怒)。
アナタのその耳に付いてるのはイヤホンじゃないんですか?
アナタのその襟に付いてるのはマイクじゃないんですか?
ファミレスレベルのサービスにがっかりし、直後にそそくさと席を後にしました。

そして、帰りのエレベーターで鉢合わせたオバサマ集団からの情報。
月曜からランチメニューが変わったらしい。

オープンして比較的日が浅い店だったのだが、なんか、ありがちだけどイタイよね。
値段上げるなら、内容は据え置きにしたら?
内容落とすなら、値段据え置きにしたら?
明らかに値段上げて、内容落ちてるもん。
大体、あんな立派なHP作っておいて、放置ですか。
メニュー変更して何日も経ってるのに、放置ですか。

お店の質が知れますね。

もう二度と行くもんか。

サザエ的朝の風景 

片手で卵を2個いっぺんに取り出そうとした。
力を入れすぎたのか、滑って手から一つが飛び出した。
「☆Ⅹ!?※@ΨΩ#!!」(←言葉にならない声)
途中キャッチしかけたものの、健闘むなしく旅立って行った。ちーーーーーん。。

慌てていつもの所に置いてある布巾を取ろうと、流しの方を振り返りながら手を伸ばす。
しか~~し!その手前には、いつもは置いてない洗われるのを待つ空の麦茶ポットががががが…がっしゃーーーん!!!

割れた!?割れた!?あわわわわ…と倒れた麦茶ポットを持ち上げると、割れてはいないものの底に微妙に残っていた麦茶が、たーーーーーっ。

騒ぎを聞きつけて途中から見守っていたダンナが一言。
「落ち着け」

ごもっとも…。
いや、もう、ホント、反省とかそーいう域じゃないよなぁ…(涙)。

トイレネタ繋がり 

↓で思い出した。

ちゃんとフタを閉める習慣がある家庭で育った方は縁のない話でしょうけど、
一緒に住んでる男性の人数によって違うでしょうけど、

便座の上がったトイレに座ってしまったことは何度くらいありますか?

今は閉める様に徹底してますが、実家が上げっ放し派だった私は両手じゃ足りないくらいあります。
寝ぼけながら入った時。
本を読みながら入った時(新聞・本持込派(恥))。
単にぼーーーっとしてた時。

眠気も吹っ飛ぶ、あの何とも言えない感触…イヤですよねぇ。

ダンナとそんな話をしていたら、
「ホント何回やっちゃったか数え切れないなぁ」
「えっ!?オレ2~3回だけど…」
「えっ、そーいうモン!?でも考えてみたら座る回数が違うじゃん」
「いや、座る回数の問題ってより、さざえだからだと思う…さすがだ…」
と。
さすがって何よ、さすがって。
ふて腐れてたら、ニコニコしながら「褒めてるんだよ」って…。
全然褒めてないよっっっっっ。

便座の上がったトイレに座ってしまったこと、何度もありますよね?
ね??
ね???
(超・求ム同意)

おねしょの気持ち 

明け方、夢を見た。
ダンナがトイレに行きたいのに我慢している夢。
で、例によって寝言炸裂

「トイレ行きたいの?」←私の寝言
「うん…」←夢の中のダンナ
「我慢しないで行ったら?見てるこっちがしたくなるよ」←私の寝言
「…どこに行けって?」←現実のダンナ(目が覚めたらしい。寝言言ってる時は話しかけるなって言ってるのに聞きやしない。てか、ネタにされている)
「だからトイレ」←私の寝言
「誰が?」←現実のダンナ
「○○(ダンナの名前)が行きたいんでしょ」←私の寝言(やや覚醒)
「オレは別に行きたくないけど?」←現実のダンナ(半笑い)





寝ぼけた脳ミソなりに良~く考えてみる。
(寝ぼけた脳ミソはいつもの事じゃんって意見は聞コエマセン)

はっ!この膀胱の感覚は!!
トイレに行きたいのは、どっちかってーとじゃん!!


慌ててトイレに行きましたと、さ。

「見てるこっちが行きたくなる」とか言ってる時にじゃーーーってなっちゃうのかな~と、おねしょをしてしまう気持ちが何となく分かった爽やかな朝でした。

毎日が日曜日・毎週がゴールデンウィーク 

ダンナには「主婦に休みはない」と言ってますが…。
実態は「自由にサボれる年中無休」ってとこでしょうか(汗)。

世間で言うゴールデンウィークは、長崎(島原半島)と熊本を満喫。
食べて・浸かって、悠々極楽な日々。
ゆるりと記録を残していこうかな。

腹子は順調みたいで、最近胎動が益々激しく「ぼこっ」から「うにょ~」に変わりつつある。
胃も持ち上げられ始めたらしく、沢山は食べられない。
とは言え、1回の量が減っただけで食欲は変わらないから、すぐお腹が減る。
で、1日5食とかになっている。
結果的には食欲増、な気もするけどキニシナイ。
最近体重計乗ってないけどキニシナイ。
アイスの減りが早いけどキニシナイ。

てきとー妊婦街道驀進中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。