FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行記・3~食・知床&網走編~ 

つづき~。

===海鮮豚しゃぶしゃぶ===
鍋具
「知床豚」だったかな?宿の食事で出てきたんだけど、味が濃くて、酷があってとっても美味しかった!!色も心なしか綺麗だったな~。

===寿司===
流氷が見られず、思いのほかノンビリになった網走。
流氷を見る予定だったので、下調べが不十分だった網走でもある。
そんな時はホテルのフロントのおねーちゃんと、タクシー運ちゃんに頼るに限る!ってなワケで、オススメされた中でこじんまりした、地元のネタを中心に出すと言うすし屋に決定~。
寿司軍艦
いくら・ウニ・かに子。ネタがこぼれちゃう~~~。
ウニはちょっと前に漁が始まったばかりらしい。
2段重ね状態です。こんなに惜しげもなく使っちゃって良いの!?

寿司
ダンナのお気に入り、ホッキ貝。「ホッキ貝がこんなに美味しいものだなんて知らなかった」といたく感激の様子。

私はシマアジがお気に入りだったんだけど、写真撮り忘れた…。

===カレー===
カレー
オホーツク流氷カレーとやらをダンナが注文。白いカレー!?初めて見ました。
白いからココナッツ?と思ったけど、普通にホワイトソースにスパイスを加えている感じ。ちょっと味見させてもらったけど、初めて食べる味。思ったよりイケました。でも、話のタネに一度食べる位で良いかな、とも思いました。

他にも刺身やパン、ビーフシチュー、ケーキ、ソフトクリームetc...食べる食べる(笑)。
途中から便秘との戦いも平行しなければならなかったのが辛かった…。

北海道旅行記~宿編~につづく。

スポンサーサイト

北海道旅行記・2~食・釧路編~ 

とにかく食べた!食べまくった!!
ダンナに至っては、1日5食という記録も打ち立てる始末。
その中からいくつかピックアップ。
ちなみに私は貝類が苦手なので、一部ダンナの感想を流用してます。
また、特に繊細な舌を持ち合わせているわけではないので、「美味」のラインはかなり適当です(笑)。

===牡蠣===
生牡蠣 蒸し牡蠣

焼き牡蠣
釧路の炉端焼き屋さんで生・蒸し・焼きの牡蠣3種。
しかもキャンペーン中で1個105円!!安っっ!
人生No.1とはいかないけど、下手な所で食べるより美味しい、との事。

===アスパラ===
甘々アスパラ
これも炉端焼き屋さんで頼んだ品。何気に頼んだ品だけど、すっごーーーく甘くて美味しい!!
ここでは他に、ほっけや帆立、じゃがいも、鯨のざんぎetcを注文。どれも外れがなく美味しかった♪

===〆ラーメン===
〆ラーメン
炉端焼き屋さんの後に立ち寄ったラーメン。さっぱり魚&かつおダシと加水率の高い細ちじれ麺が気分にピッタリ。九州のこってりラーメンが苦手な私にはたまらない美味しさでした♪

===炉端?焼き===
焼き物セレクション 店内
隣の工場直売店で素材を買い込み、大きなテントの様な掘立小屋の様な建物の中にある焼き場で食します。
炭起こし
おばちゃんがストーブで起こした炭を投入してくれます。良い感じですね~。
焼き姿
帆立、鮭ハラス、銀だら…ジュワジュワいってます。ぐっは~~~たまりません!!!

ここはサンマ漁が盛んな場所で、季節になるとそれはそれは賑わうそうです。秋に再訪したいな~。

===いくら丼===
いくら丼
上の炉端?焼きのお店で頼んだ品。これで小(味噌汁・漬物付きでたしか700円くらい)なんです!って言っても比較対照がないからわからないか…吉牛並盛くらい。でも薄っぺら~い肉をふわーっと盛ってる牛丼とは違います!いくら、たっぷり!いくらが余るくらい!プチプチ感抜群!しょう油の味も絶妙!めちゃめちゃ美味しいです!!

===和商市場===
これがイマイチでした…。好きな方、すんません。
呼び込みが激しく、似た様な物ばかりが並ぶ観光化された市場。
買う時に色々掛け合いするのは大好きだけど、うるさい呼び込みは苦手。鬱陶しくて、ついつい足早になってしまいます。ゆっくり見れば買う気になるかもしれないのに。私にはお客さんを逃してるようにしか思えないんだよなー。

好きな量のご飯を買って、少量に切売りされた具材を選んで乗せて好き勝手な丼を作るっていう名物「勝手丼」は、売れ残った素材を体よく売るための手段?と思われるほど。色の悪いのや、カピカピしてるのや、味が無いのや…。
勝手丼についてはダンナの感想で、私はお腹がイッパイで不参加だったんだけど、無理して頼まなくて良かったよー。

和商市場以外はどこも外れがなく、美味しい街でした♪

北海道旅行記~食・知床&網走編~へつづく

北海道旅行記・1~準備編~ 

私とダンナ二人の旅は
A:のんびり何もしない旅(海や温泉が多い)
B:食べ中心プランの旅(旬の物を調べてそれを目指して行く)
の2パターンに大きく分けられる。

ところが今回は珍しく「流氷が見たい!」という新たなパターンだったのだけど…

出発前に海開け(=流氷は沖に流されました)宣言

がびーーーーん。
あえなくパターン2に変更となりました…。
気を取り直して、初めての冬の北海道にわくわくしながら色々調べて、風呂敷広げて、ダンナに取捨選択させて…大体のプランが出来上がり☆
今回は電車も多いので、予定表をプリントアウトして、次は荷造り。

「冬の北海道をナメちゃあかんだろう」「妊婦に冷えは大敵らしい」って事で、スノーウェアの上を二人分入れたら海外用の旅行カバンがいっぱいになっちゃったよ…。
それもこれも私があまり重いものを持てないから、なるべく荷物を一つにまとめようとした結果なんだけど。口には出さないものの、多分ちょっとゲンナリしてるよね、ダンナ…。す、すまねぇのぅ。。

そんなこんなで何とか準備も終わり、その日は早めに就寝。旅行前の体調管理もそうなんだけど、私は「遠足前の幼稚園児の心理」でイベント当日はコーフンして早起きしてしまうのです…。

目覚まし不要です。
目が覚めると嬉しくて隣のダンナに話しかけます。

ハイ、迷惑野郎です。すんません。。

ただいま~ 

飛び石連休を利用して北海道旅行へ♪
昨日はのように寝てしまった…。

そして、今から6ヶ月検診
「出来れば旅行前に検診を受けて」と言われたのに、調子が良いのをいいことに行きませんでした。
勿論、食べ過ぎの日々でした。
のぼせるほど温泉に入りました。
直後に極寒の中散歩したりもしました。
旅行に行くと必ずなってしまう便秘が治りません。
疲労もまだ残っているようです。
体重測定&尿検査、かな~り恐怖です。

↓にコメントいただいた方々ありがとうございます。返信遅くなってしまって申し訳ありません。後ほどゆっくり読んで、必ずお返事します!!

今日の目覚め 

今朝、自分の笑い声で目が覚めた。
隣のダンナは固まっていた。
そりゃー不気味だろう。

どうやらダイビングする夢を見てたっぽい。
先に行った人が数m潜って振り向いた途端、ギョッとした顔して「上がれ」とジェスチャー。良く分からないけど、とりあえず従う私。
水面に上がった私は、ウェット着て、BCD(ライフジャケットの様な浮力を調整するもの)着て、フィンして、タンク背負ってるくせに、マスクをしてないし、レギュレーター(酸素吸入口)も咥えてない事に初めて気が付いた…。
「タンク背負って素潜りかい」って言われて、笑って誤魔化した時の笑い。

「あ、ははははは~~~~~」

ここで目が覚めた。
夢の中でくらい「落着いて知的なオトナな女」でいてくれないもんかなぁ、私…。

===

そー言えば、昨日はホワイトデーだったのですね。
週末買い物行った時ポスターやらPOPやらがあるのを見て
「よし、今日はプレゼントデーだ!」
って言ってくれてたなー。

なんだかな~なバレンタイン(2/14日記参照)だったので、
「いいよ、いいよー」
って言ったら、そのままあっさり流れた。
今思うと惜しい事をした…かな。

それにしても、ダンナ、引き際早過ぎないかい?
しつこいのも好きじゃないけどさーさーさー…。

たこ焼きparty☆ 

週末、たこ焼きpartyを開催☆
・準備が楽
・色々な味が楽しめる
・くるくる適当にいじったりしながら焼くのが楽しい(カニほど会話を奪わず、手持ち無沙汰にもならないのが良い)
・失敗も少ない(最初どんなにぐちゃぐちゃでも、最後は何故か丸くなる)
と良いトコ尽くしで、皆で楽しむにはお好み焼きよりたこ焼き派の我が家。

具には、タコはもちろん、明太子・餅・チーズ・キムチ・納豆(ひき割りにするのがコツ)を用意。面倒なので、きゃべつと青ネギと紅しょうがは最初から種にまぜてしまう。

それぞれのテリトリーを決めるも良し、具によってゾーンを決めるも良し。ネタ投入!
竹串片手に、ポツポツなるまで待つことしばし。
あふれてるのを押し込みながら、くるくるくるくる。
外はカリッと・中はとろ~りを狙って、くるくるくるくる。
程よく焦げ目がつくまで、くるくるくるくる。
ソースとマヨ、青海苔、鰹節をかけていっただきま~~~す!

~味し~!!

特に納豆が美味しいの~~~。
ふわっとした食感と、あの独特な味と香りがたまらないの~~~。
しょう油味もソース味もイケるの~~~。

毎度の事ながら、最後にはぐちゃぐちゃ適当になって、具は「食べてからのお楽しみ」状態に(笑)

あーーービール飲みたかったっっっ!!

マタニティヨガ初体験 

先日、産婦人科主催の「マタニティヨガ」なるものに参加してみた。

ヨガといえば、ヒーリング系の曲とかが流れて、呼吸を整えつつ、うにょうにょした動きをして、じんわり・じっとり汗をかくもので、体の硬い私は「あだだだだだ」とか言うんだろうなぁ、って思ってたのだけど…。

インストラクターは動き出すと同時に歌い始めた!!
「♪ぽっぽっぽ~はとぽっぽ~♪」

(えっ、歌!?てか、はとぽっぽ!?)

もう笑いを止めるのに必死!確実にニヤけてはいた。
その後も童謡攻撃は続く。

「♪め~だ~か~の学校は~♪」
「♪しゅっしゅ・ぽっぽ・はっしっる~♪」
「♪海は広い~な~大き~い~な~♪」


ヨガ!?これは本当にヨガなの!?
周りを見ると、皆真面目にやっている。ちゃんと口も動いて、歌っている模様。
うっ、歌うと自然と息を吐くからかなぁ?と、無理やり自分を納得させ、ボソボソ歌ってみる。

が、

ダメ…恥ずかしすぎ…。
動きは良いけど、歌がダメ…。

次回はマタニティビクスにしよう。

真夜中の出来事 

今思えば、寝る時に寝室のドアを閉めたのは私。
えぇ、確かに閉めました。

でも何故かあの時は「開いている」と思ったの。
寝ぼけていたのか、幻覚なのか、トイレの事しか頭になかったからか分からないけど、
私の中でドアは開いていることになっていたの。

ごんっっっっっ!!!

何でおでこじゃなくて、鼻じゃなくて、上唇が当たるの?!
骨格が猿ですか、あぁ、そうですか。
痛いよう、痛いよう…涙を流しながら笑ったけどね。

実は、以前も一度同じ事をやらかした。
その時と違うのは、上唇と同時にお腹もぶつかったこと…。
軽~くだけど。

もちろんダンナは飛び起き、私よりドアを心配してました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。